こんにちは!新潟のフリーランス ホームページ制作事務所、マザーシップです。

マザーシップのホームページ制作サービスは、大きく以下の2つにわかれております。

1)ワードプレス&完全オリジナルデザインで制作する【ワードプレスプラン】
2)テンプレートを使用した個人事業・少人数経営の店舗様向け格安ホームページ制作【グーペプラン】

今回は、格安でのホームページ制作が可能な「グーペ」について、実際に制作して気づいたメリットとデメリットをご紹介します。

 

商業利用向けホームページ制作ツール「グーペ」

グーペ は月額1000円程でビジネス向けホームページが簡単に作成・編集できるCMSツールです。

営業カレンダー/予約機能/クーポン発行/メルマガなど、商業利用に特化した機能およびデザインテンプレ-トが充実している点が大きな特徴です。

そのため、飲食店、美容室、エステ、教室、民宿、個人事業などの少人数経営の店舗様におすすめしております。

goope  

 

グーペの3大メリット

1)低価格なのに機能が豊富!

店舗・オフィスのホームページ運営に便利な たくさんの機能が低価格で利用できる点がグーペのもっとも素晴らしいところです。

【標準機能の一例】
・最新情報の更新
・営業カレンダー
・メールフォーム
・フォトアルバム
・クーポン発行
・予約フォーム
・メニュー/料金一覧
・Googleマップ
・求人情報

はじめてグーペの標準機能を見たとき、便利すぎて、豊富すぎて…感動する、というよりは若干ひくくらいでした;

もしこれらすべての機能をワードプレスで制作すると、なかなかの高額な見積りになってしまいます。

予算が少なくてもしっかり機能するホームページを作りたい方に、ぜひおすすめさせていただきたいです。

 

2)お客さまご自身で更新可能!

ホームページは鮮度が命です!

グーペではすっきりと見やすく使いやすい管理画面が用意されているため、ブログ感覚でリアルタイムな更新が可能です。

キャンペーンやイベントなどを気軽に告知し、積極的に集客していくことができます。

グーペ管理画面

 

3)豊富でなかなかオシャレなテンプレートデザイン!

グーペでは、飲食店向け、サロン向け、オフィス 向けなど約50種類(2016年8月現在)からデザインを選べます。 スマートフォン対応のデザインも多数選べます。

グーペテンプレ

また、マザーシップでは、豊富な機能はそのままに、デザインをカスタマイズしてオリジナリティの高いサイトを制作するプランも承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

グーペのデメリット

実際グーペでサイト制作して気づいたデメリットについても書きたいと思います。いずれもテンプレートがガチガチなために発生してしまう問題です。

1)デザイン・機能の制約

グーペは仕様上、基本的なページレイアウトが決められており、そのレイアウトから外れるデザインや項目は、ページに組み込むことが困難です。

例1)営業カレンダー

営業カレンダーは1ヶ月のみの表示が可能です。2ヶ月以上を同時に見せることはできません。

こよみんなどのブログパーツを使用することで解決可能です。

例2)地図

グーペでは地図が1つしか表示できません。そのため、新潟本店と長岡支店がある店舗さんの場合は、どちらか1店舗しか表示できず、「なんか違う…」状態になってしまいます。

※別のページ(フリーページ)を追加して別途googleマップを貼ることにより解決することで解決可能です。

例3)ご予約フォーム

ご予約フォームは項目のカスタマイズができないため、業種によっては物足りない場合があります。

※必要な内容は別途メールや電話にて確認していただく必要があります。

 

2)SEO対策に難あり

titleタグには各ページ別々の内容を設定できるのですが、descriptionタグとkeywordタグは全ページ同じ内容にしかできません。細かい設定が可能なワードプレスと比較すると、SEO内部施工の観点からは少し問題がみられます。

ただ、SEOはdescriptionとkeywordが全てではありません。

まずは本文を充実させつつ、適切にキーワードを配置することをおすすめしております。また、広告を出したり外部SEO対策(被リンクゲットなど)を行ったりすることで集客のフォローは可能です。

キーワードの難易度によっても上位になれるかどうかは異なるため、確かに難はありますが、一概にダメ、ということではありません。実際に当方制作のグーペサイトは、「地名+サービス名」で上位をキープしています。

グーペはSEO対策に難がある旨を伝えると、上位になれないならやめる、、と敬遠されることもあるのですが、ワードプレスさえ使っておけば確実に上位になるということも決してありません。どちらにせよ努力は必要です。

 

3)FTPが使えない

ここからは制作者向けのちょっとマニアックな内容になります。

グーペではFTPの使用ができません。画像は管理画面から1枚ずつコツコツとアップロードしていく必要があります。HTML、CSSも同様です。JavaScriptはアップロード不可です。

テンプレートにオリジナルのデザインを加える場合、FTPが使えないというのは非常に不便です。

そのため、私の場合は別途、外部サーバー(ヘテムルまたはロリポップ)を契約し、外部サーバへアップロードした画像を呼び出すという、無理やり仕様にしました。。

 

4)WEBフォントが使えない

webフォントは別ドメイン(サブドメイン含む)から呼び出すことができないため、無理やり仕様でも使用不可です。

あきらめて文字画像を使いました。

 

5)メニューの値段のカスタマイズが難しかった

某スクールのホームページを制作する際、「月額○○円」と「受講料○○円」という2種類の料金設定がありました。

全てのメニューが「月額」ならテンプレートに「月額」と入れておけばよいのですが、短期講座の受講料まで「月額○○円」と表示されると困ります。しかし、グーペではこの辺の細かい設定が不可でした。

考えた結果、任意の文字を書き換えるJavascriptかCSSのcontentプロパティを使うことを思いついたのですが、グーペの自動出力タグには、1つのメニュー(サービス料金)、あるいは1ページごとにIDやclassがついていません。IDやclassが無いと、JavascriptやCSSを使っても任意の場所を指定できず、かなり困難でした。

どうにか設定はできたのですが、管理画面で設定できればいちばんいいですね。ぜひ改善してほしいところです。

 

 

おわりに

制作するにあたってちょっと難しい点も多かったのですが、全体的にはすごく良いツールです。制作者にとってはデメリットも多いのですが、折り合いをつけるのも楽しいというかなんというか。

もし、グーペでのホームページ制作に興味を持った方はぜひ格安ホームページ制作グーペパックのご案内のページも御覧くださいませ

上記ページでは資料請求も可能になっております。グーペでのホームページ作成ならお気軽にマザーシップへご相談くださいませ。

この記事をシェア