こんにちは、フリーランスのWebデザイナー、マザーシップのなるゆうです。  

令和元年(平成31年・2019年)実施「小規模事業者持続化補助金」が現在公募受付中です。

2019年6月12日締切です。

 

今年もホームページが開設されました。

平成30年度第2次補正予算 日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金

PDFで確認したい方や印刷してじっくりご覧になりたい方は→こちら(pdf)

 

小規模事業者持続化補助金とは、商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」を対象に以下の経費に対して助成金が出るというものです。

①機械装置等費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪車両購入費(買い物弱者対策事業の場合に限ります)、⑫設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、⑬委託費、⑭外注費

ホームページ制作は「広告費」に該当します。

 

そして、補助率・補助金は以下のとおりです。

・補助対象経費の2/3以内
・補助上限額 50万円

つまり、30万円のホームページ制作なら20万円の助成金が出るんです!!

上限は50万円なので、75万円以上になった場合は2/3以下になるのですが、それでも大きいですよね!

 

ちなみに補助対象者は以下の通り。

卸売業・小売業・サービス業(宿泊業・娯楽業以外)… 常時使用する従業員の数 5人以下
宿泊業・娯楽業・製造業・その他… 常時使用する従業員の数 20人以下

詳しくはお近くの商工会議所または商工会に事前相談することをおすすめします。

 

書類の準備が必要、商工会に加入するなどの条件もありますが、他の助成金に比べると採用率が高いそうなので、ホームページ制作をしたい、リニューアルしたいと考えている方は、一度検討されることをおすすめいたします。

 

マザーシップでも、こちらの補助金を利用して制作されるお客様は多いです。書類の発行など必要な協力はさせていただきますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

 

手続きが大変…という方には、行政書士さんのご紹介も可能です。

 

ちなみにですが、今年からIT導入補助金はホームページが対象に入っておりません。

 

そのため、新潟県内で助成金を利用してホームページを制作するなら小規模事業者持続化補助金が一番利用しやすいものとなると思います。

(創業補助金や一部団体向けに別の補助金もありますが、条件はきびしめです)

 

ではまた!